海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

アモルゴス島南沿岸の試練、パロス島、セリフォス島

アモルゴス島南沿岸の試練、パロス島、セリフォス島

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • アモルゴス島 -
  • パリキア パロス島 -
  • リヴァディ セリフォス島 -



キナロス島で、華やかな観光の島とは無縁な、エーゲ海の一面を覗き見した後、西へ向かいます。
西へ約18kmのアモルゴス島の南沿岸、イオス島の東側、セリフォス島、アテネへの計画です。

キナロス島の島影を出ると、メルテミの兆し。 右横(アビーム)からの風。最初は調子よく、段々と強くなり、2段の縮帆(2ポイントリーフ)で快調。飛沫は前甲板(フォアデッキ)を洗う。クルーにとっては、余りない経験。アモルゴス島が段々と近づく。

アモルゴス島の南沿岸へ入れば、南北30余キロの大きな島影、条件は良くなると想定。
そしてアモルゴス島の南沿岸へ入りました。風波、ウネリは静まり、クルーも活気が出る。 セールのリーフを解くか?(縮帆を解く)。周囲を見回し観察。 何か変! 何だろう? 
先の海面がおかしい。或る所は鏡の面のようにぎらついている感じ。ある面は泡立つ感じ。

遙か右上方、アモルゴス島南海岸の切り立つ絶壁を見る。晴れているのに、薄い雲が舞い降りる様子が見える。高い山脈の風下側に見られると同じ。同時に、セールがばたばた! 嫌な感じ。
ふと気付きました。 上から吹く、垂直方向の風。 一番危険な風。 直ぐにセールを仕舞いました。

エンジンで沿岸沿いに機走、機走でも落ち着かない、ふわふわした感じ。1隻の錨泊しているヨットに出会い、タカマミも錨を下ろす。錨鎖を十分に出し、効きを確かめ一段落。
そうはいかない!! 風向は常に変化、ヨットは360度触れ回され、落ち着かない。

お隣のヨットから無線で呼掛られ、イタリーからのヨット、”オーソレミヨ”と自己紹介。 スパゲティー、ソーセージ? あるから食べないか? とお誘い。 でも両艇の不規則な動きでは、受け渡しの方法無し。 結局お預け!

神経を極端に使う錨地。 夕方近く、イタリー艇から、西寄りに、よりよい錨地があるとの情報、移らないかのお誘い。移動しました。 途中暗くなつたが、変な風は無くなり、暗い中、錨を下ろす前に、詳細に調べ錨泊。 クルーは星空の観測。

休む前にセットした測深器(デップスサウンダー)の浅い警報が鳴り、起こされる。 調べてみたが問題なし。 多分魚の群れが原因と結論。 理由は錨を下ろすとき、ネコが、大きな魚群の影を見ていたこと。



アモルゴス島の南海岸、風下側へ入りセーリング中、見上げた様子。
晴天の下、頂上の雲、異様に感じます。
画像の説明




この様な谷間からは、吹き下ろしが、特に強烈です。
山の最高峰は800m程、そこから断崖が海面へ。
画像の説明




ギリシャ正教教会。
先年、アモルゴス北海岸へ停泊中、此処まで来ました。
画像の説明




先年、登ってきたときの写真です。 前の写真の白い物、実はこの教会です。
画像の説明


先年の写真です。この穏やかさの記憶が、先入観を呼びました。
?と同じです。時には観音様、ある時は夜叉。
画像の説明

アモルゴスの記事はこちら





翌朝、風も収まり、セリフォス島へ向かいました。
途中、風が弱まり、エンジンをスタート。 回転が上がらない!
暫く様子を見たが、他には問題はないよう。
目的地をパロス島へ変更。 主要港で修理屋を探しやすい。
右パロス島、左アンティパロス島。
画像の説明




次3面:海峡通過の時の風景。
両島間は島、浅瀬の多い海峡を通過です。 幸い風は弱くエンジンのトラブル以外は快調。
画像の説明


画像の説明


画像の説明




港が近付き、セールを下ろし、整理します。スケの腰回りのテープは帆を縛るに使います。
画像の説明




パロス島、パリキア(Parikia ・Paroikia) 港の混みよう。
シーズン真っ盛り、当地は観光で評判の良い島、チャーターヨットの会社がひしめく。
画像の説明




港湾関連の事務所へ。此処で最良と言われる、修理屋の紹介を受ける。 又それではもっと静かな繋留場所がよいと、静かな場所を手配してくれ、そこへ移動しました。
画像の説明




街は活気があり、観光客も多い所。
画像の説明
翌日、修理屋さんが来て、直ぐに不良を見付け、終了。
自分の無知でした。 ターボーチャージャーの吸気フィルターの目詰まり。 故障でなくメンテ不足! お恥ずかしい?
でもこの件、メーカーが余りにも細かいフィルターに気付き、目の大きいネットに改修されました。
何にしても、トラブルがあると、観光気分にはなりません。 ネコも心配で、買い物は3人娘に頼み、出掛けず。




翌日、セリフォス島へ。途中飛沫をかぶりながらのセーリング。
着いた港は、フェリーと桟橋だけ。 錨泊です。 吹き下ろしの風が湾を襲い、陸へ行けません。翌日も強風の吹き下ろし。 錨地を陸地近くへ替わるも、上陸は出来ない。
画像の説明
翌朝、少し静まったので、アテネ、カラマキ・マリーナへ。
運良く、良いバースが見付かり、お休みです。 この時、アモルゴスで一緒に過ごした、イタリーのヨット、オーソレミーヨに再会。改めて握手。





a:2381 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional