海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

エピダウロス観光

エピダウロス観光

左下=エピダウロス港:  中央下=エギナ島:  右上=アテネ、カラマキ・マリーナ:   

  • エピダウラス -
  • エギナ -
  • アテネ・カラマキ・マリーナ -

紀元前から息吹、今なお注目され、原形をとどめる事、第1と言われる、世界遺産であるエピダウロス。
キリスト教の普及後、衰えた、古代ギリシャの信仰の中心地、デリファイに比べ、医療と信仰で栄えた所、今も毎年夏期に使用される、劇場。音響効果の素晴らしさは、世界の人々の注目する所。

:ギリシャ、トルコにある文化的、芸術的な円形劇場(形は半円型)に対して、ローマ帝国がその支配下にその象徴的な物として作らせた、通称、コロッセオ、使用目的は闘技、競馬、処刑、戦車競技、と対象が全く違います。混同されている方が多いようです。
1つの例を挙げれば:
史跡へ行けばギリシャ、トルコの劇場跡は舞台と観客席最前列の段差が殆ど無いか、少し有るか程度、距離も近い。
イタリアなどで見られる、コロッセオは両者の間は、大きく段差があり、完全に断絶している。闘牛場も同じ、建築、使用目的は明白である。

ギリシャ、トルコ、小さい規模から大きな規模の劇場、劇場跡を数多く見掛けました。多くが地形を利用して作られ、規模に比較して、材料、労力は少ないように感じます。
やはり世界遺産へ登録された此処、エピダウロスは驚くほどの規模と保全の良さに驚きます。

タカマミの繋留港は同じ名前ですが、史跡までは。車で約30分程かかります。史跡良し、道路良し、風景良し、車良し、運ちゃん良し。の1日でした。

同じような、石ころだらけと感じる方にはお気の毒です・・・・。

唯一の入場券売り場。規模の大きさに比べ、以外でした。
画像の説明




入場してから、劇場へ通じる道路。この辺一体は、大きくないが樹木が多かったです。
太陽光線が強い、明るいところでは、木陰の道は最高。
画像の説明




少し登るとこの風景の所へ出ました。
山の凹んだ斜面を、上手に利用して作られた様子が判ります。廻りは木立が取り囲んでます。
画像の説明




収容人員:14、000人 段数:55段 と記されてます。
画像の説明




斜面の勾配は、円形劇場により違います。 此の劇場の斜面は怖さを感じません。 急勾配の劇場は恐怖感を感じます。
画像の説明




右上、役者などの出入り口と詰め所。
画像の説明




最上段からは、外の眺めが最高。
画像の説明




図面上の囲いは、出演者などの待合い建物の跡。
画像の説明




この地点が、有名な音響の中心地。
紙が床上を風で滑る音、硬貨落とした音が、14000人の観衆に聞こえると言われる。
この2人、上の人と示して、何かやってます。
画像の説明




ご覧のように、山の斜面を利用してるのが、良く判ります。
画像の説明




片翼の端からはこんなに、離れて見えます。
画像の説明




これなんかお判りでしょうか?
最前列、背もたれがある。 そうなんです、貴賓席だと云われてます。  この人達、? 凡人です。
画像の説明




出演者などの待合い建物の跡。とか云われてます。ステージの丁度後ろ。
画像の説明




最上段からの眺めは如何ですか?
画像の説明




この様に傷んでる所も。 形有る物必ず・・・とか。
画像の説明




右手前の人達、名残惜しそうで、なかなか腰を上げませんでした。
画像の説明




この劇場で上演される予定が記されてました。
画像の説明




展示場入り口。
画像の説明




カタゴゲイオン(宿泊所) 跡地。
治療、静養に各地から、やって来ました。
画像の説明




やっと帰るようです。
画像の説明




港へ帰る途中。 遙か海が見えます。
画像の説明




ハプニング!
運ちゃん、1つのミカン畑へ。 
儂の畑じゃ、採って帰って良いよ!
1コ食べてみる? みずみずしくて美味しい!
収穫後の残りで、残りは僅かでしたが、見えるミカンをぜーんぶ頂き。
画像の説明




最後に最高の気分になり、ヨットの側で一緒にハイチーズ!
もちろん、チップは十分に。勘定ずくでは出来ません。
色々と教わります。
画像の説明




形は不揃いだが、運ちゃんの気持ちが付いた、最高の味。
画像の説明

a:2272 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional