海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

カプリ島

カプリ島の姿は。

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • カプリ島 -   ストロンボリ島~カプリ島 約207km
  • ストロンボリ島 -
  • リパリ島 -
  • ティレニア海 -



マルタ島からギリシャへ向かう時以来の、ナイト・セーリングでした。 天候が安定していると、夜間のセーリングも、気が楽で疲れ方も随分違います。
夜が明けると前方に、カプリ島のシルエットがハッキリ見えてきました。随分とごつごつした、荒っぽい感じに見えます。地相は住人の気質を表すと言いますが。
画像の説明




次3面:
カプリ島南海岸の姿を続けてご覧下さい。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




次5面:
港の様子、周囲の山の様子などをどうぞ。
島の北側の港へ繋留しました。 レジャーボート、漁船、観光船などが混ざり合い、他ではみられない港の様子でした。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




狭い頂上の街への通路から。
画像の説明




頂上の狭い街、大勢の人で混み合ってました。
画像の説明




下の街並みと山岳。 何かスイスと錯覚しそうな感じです。
画像の説明




カプリ島の青の洞窟。 やはりこの地の見所は此処でしょうか。
多くの観光客が押し寄せます。
その付近の様子と、洞窟へ入る順番を待つ観光客の様子です。
画像の説明




色々と洞窟があるようで。
画像の説明




洞窟へは、背の低い船で、寝そべって。 それまでこうして待ちます。  上にはそれを見物する、見物者。
画像の説明




丁度1隻の小型船が洞窟へ入るところ。
画像の説明




手こぎのボートが洞窟へ入ります。 洞窟の中、底に白い砂があり、入口から差し込んだ光が反射、その光が水を輝かすとか。
画像の説明




次3面:
狭い道を散歩していると、山水画のような風景に出会います。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




ナポリ又は本土側から来た中型の観光船は入港、繋留のスペースがない事が多い。
画像の説明




ナポリへ向かって出港です。
此処カプリの、1日当たり停泊代は、経験した最高の値段でした!!
画像の説明





a:1378 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional