海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

ポセイドン神殿へ参拝、シロス島へ

ポセイドン神殿へ参拝、シロス島へ

ナフプリオンで近郊の観光を楽しんだ後、静かなアルゴス湾を南下、緑の少ない山々の風景は、季節で余り変わりありません。
3人娘には初めての地イドラ島へ寄港。
1夜を過ごした後、スニオン岬のポセイドン神殿へ向かう時は、左前からの強風で波飛沫が飛んでくる海況。うねりは無くセーリングには良い条件。
経験のない人には、飛沫が上がることは、心理的に良くないかも、3人娘は? と感じながらのセーリング。

スニオン岬、西側の錨地で、天候待ちで2泊。同じ錨地に2隻のヨットも風待ち。
ポセイドン神殿へのお参りか?3日目の朝は良い天気となり、早朝シロス島へ向け出発し、予定通り午後にシロス島・エルモポリ港へ着きました。


以前の時より、北寄りの針路、白波が見えます。
正面に、スニオン岬です。
画像の説明




近づきましたが、左の近い陸地側からの風が強い状態が、よくお判りで。 この様な時は、同じ景色も、凪の時とは違った感じです。
画像の説明




スニオン岬西側の錨地へ、入ってきましたが、陸地側から突風を共なった風が、吹き下ろしてきました。
ポセイドン神殿も心細そうに見えませんか?
画像の説明




風が吹いても神殿の偉容さは、変わりありません。
どうにかディンギーで上陸。神殿へ参拝です。前回と違い、ジャンバーを着ている訳がお判りで。
画像の説明




近くでは、断崖をより意識します。足場が最悪なんです。
画像の説明




夕方には、昼間に比べ、少し凪いできたようです。
同じ宿場?のヨット。
画像の説明




明くる日の陸からの様子です。最初の錨地から、陸地側へ移動して、上陸しやすくし、1日陸上の探索です。
画像の説明




ポセイドン神殿の側で、2夜の宿を受け、参拝の甲斐あり、天気回復。
早朝に出発です。 途中ケア島から朝日が昇ってきました。
画像の説明




ケア島南端、タメロ岬の通過です。
画像の説明




シロス島の北側を廻り、島の東海岸にある、エルモポリ港へ。
1時期、エーゲ海の燃料(石炭)補給、修理の基地として栄えた港へ近付きました。
画像の説明




現在は、港の中の設備に往時を偲ぶことが出来、その頃からの裕福な家なども、見ることが出来ます。
船尾を岸壁へ着けた、タカマミの陸地側の風景です。
画像の説明




我々の到着時は、少なかったヨットも、その後増えてきました。
到着翌日のタカマミ周辺の有様です。
画像の説明




港内反対側はこの様に、商業港、造船所などで賑わってます。
有り難いことに、ヨットの繋留場所は街に近く、工業地帯から離れ落ち着きます。
画像の説明




スケと話している人は、港湾事務所の人。水の手配について話している時。
当地の飲料水は、水道の水は少し塩分を含み、我々は抵抗を感じるほど。特別に頼むと、業者がタンクローリーで良質の水を補給してくれるのです。料金はかかります。
ヨットの繋留場所はご覧のように、商店街に近い所、補給には最適の港でした。
画像の説明




親切な現地の人のドライブで出掛けた時、写した港風景。
長く出た波止場を右へ回り込み、奥(絵では手前側)へ進むとヨットの繋留場所。
画像の説明




知り合った土地の人の案内で、その人の友人宅へ。その近辺は豪勢な住宅地で、過去に栄えた事を推測させます。
このお家、主人が(一緒の写真は出せません)歓待、絵画の素晴らしいこと、驚きでした。
画像の説明




ドライブの途中、シロス島の西側が見える場所で、お休み。
ネコの隣の人が現地の人。
画像の説明




街へ帰り、買い物。 魚屋の店先で。
画像の説明




この様にして店開きです。 大きい魚はいませんでした。
新鮮で味は良かったです。
画像の説明




肉屋の店先では、ご覧の通り。
画像の説明




現地で仕入れた物ばかりで、翌日朝食。
ミカンは安く、1箱仕入れ、スイカの味も上々でした。
画像の説明




店先の風景。 チーズ類が多かったです。
画像の説明




ドライブの時覗いたハウスの中。ズキー二?を栽培。
所々でハウスを見掛けました。
画像の説明




小さい葡萄畑。 背の低い木での栽培。
この島では小さいながらも、ワイナリーがあるほど。
画像の説明


今日は・さよなら・ねえ何処行くの・ありがと・・・
片言の日本語を時々聞きます。以前ギリシャ人は船員で日本へ来た人が多く、日本人だと話しかけて来ることがあります。
シロス島にはこの様な人が特に多いそうです。



a:2223 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional