海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

Teos Liman(湾)とSigacik

Teos Liman(湾)とSigacik

地図、左目盛りで縮尺が変わりますので、大きく場所が判ります。

  • テオス古代遺跡 -
  • クシャダシ・マリーナ -

クシャダシと西海岸の大都市イズミールの間に西へ大きく半島が出ています。クシャダシ・マリーナを出港後、半島に沿うように、針路を北西寄りに。半島の南側中程に、大きくくびれたように、テオス湾があります。この湾が、やはり古代、港として栄えたことが記されてます。

この湾の奥、港だった地へ舳先を向けました。この湾へ錨泊して上陸、岸から徒歩の処に、古代の遺跡跡、Teosがあり、劇場、神殿跡を訪ねる計画です。日本語の観光案内はありません。現在は、トルコ観光局関連のWeb サイトが簡単に紹介してる程度です。



テオス湾へ入る岬の通過です。
画像の説明




湾へ入り右手に見えてきたのが、この様な風景。トルコ、ヨーロッパ内陸部から、温暖な地を求め、バケーションの人々が多いです。
付近の沿岸は穏やかですので、需要があるのでしょうか?
画像の説明




古代の港跡へ到着。 クルーは我々を陸へ送り、ヨットの廻りでノンビリ。
画像の説明




静かですと、タカマミの垢落としもします。 
画像の説明




上陸した直ぐの処は、公園でピクニックの人達が、寂しくない程度お楽しみです。
画像の説明




遺跡に向かい中程の地点から、南側を望む。
画像の説明




この近辺は、遺跡の近くで南側を望む。 タカマミの仮泊地点は、栄えていた頃の港です。
画像の説明




遺跡の内から北側を写しました。見える街並みはSigacik(スガチェツク)です。距離は4km あるそうです
現在は、テオスよりもこの名前が一般的だそうです。
画像の説明




遺跡の中で、ハプニングの始まりです。
この家族、このテオス遺跡の地主なんです。
ご縁があり、街の家へ招かれ、タカマミをSigacikの港へ移し、お邪魔しました。
画像の説明




予期しない成り行きで、案内人付きで、遺跡の見学。
ヨットへ帰り、スガチェツク港へ向かいました。
画像の説明




Sigacik:Walled Villageと言われる街で、今でも分厚い壁が街の周囲、港付近でみれます。
真正面の、左から出ている波止場を回り込み、港内へ入ります。
ご覧のように、最初の港で、平面的にしか見えない場合、接近には最大の注意をします。
画像の説明




無事繋留を終わり、港内を探索中。 波止場の内側の風景。
画像の説明




遺跡見学は無しのクルー、今度はいそいそと徘徊準備。
画像の説明




Sigacik=Walled Village と言われる訳が判ります。
港、波止場の内側、ヨットの繋留場所は直ぐ近くです。
画像の説明




向かいの波止場から写しました。
画像の説明




交通機関はバスで、イズミールなどへは、便利がよいです。
画像の説明




壁と漁船の溜まり場。
画像の説明




少し窮屈で、堅い感じですが、独特の雰囲気でした。
画像の説明




より内側の漁船の係留場所は、荷の上げ下ろし場共に立派です。
画像の説明




より奥の小型船が繋がれている場所は、より静かです。
自治体が整備に力を入れているそうです。
画像の説明




港に彩りを添えようと、鯉のぼりを上げる途中に、0ホント空に泳がせてしまうミス。
画像の説明

遺跡、出会い、近隣風景など こちら


a:3025 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional