海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

コートダジュール フランス

コートダジュール フランス  アンティベ・マリーナ

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • アンティベ -
  • バンドール -
  • コルシカ島 カルヴィ -
  • マシナジオ -



地中海の気候、天気を思うとき、温暖、穏やかなどのイメージが湧きますが、コートダジュールの地方の緯度は、日本の北海道小樽と同じです。 9月に入り、秋分を過ぎると、地中海北部の、天気の移り変わりも早く、風は強い、曇天雨の日も増えてきます。


カルビに停泊中、強風で天気待ちです。 本土から来ている多くのフランスのヨットも足止めです。4日目の午後、風は段々と収まり、本土へ帰るフランスのヨットが、次々と出発です。

タカマミもフランスの知人からの誘いもあり、天気の変わりやすさににも対応し易い、などで本土側経由でスペイン、ジブラルタルへの計画が決まりです。


カルビ港湾内での風景です。
朝焼けのシーンです。 綺麗な夕焼けは歓迎ですが、セーリング中、朝焼けは気に入りません。
画像の説明




夕暮れの中、海岸通りの夜景です。
画像の説明




同じ頃の砦跡の風景です。
画像の説明




本国へ帰る、多くのヨットが出港の夕方、波ウネリも大分収まっていることを想定して、タカマミも夕方、フランスのアンティベ港へ向け出港。翌日昼頃迄に着く予定です。
最初、港外へ出てから暫く、ウネリ、波は未だ収まりきらず、不快なクルージング。
夜が明けると、明かりの中に、フランス本土が、波も納まり、明るくなり、コートダジュールの沿岸風景に興味が出ます。
画像の説明




アンティベ・我々日本人にはなじみのない土地。カンヌとニースの中間で、適当に賑やかな綺麗な街でした。
フランスの知人から聞き、薦められたマリーナです。 大型で融通が利くとのこと。
マリーナへ入る水路の、右側にある、判りやすい砦。
画像の説明




随分と広いマリーナ。 各種ヨット、モータークルーザーが一杯です。 飛び入りなので、最初はバースの空きがないと云われましたが、メンバーの1隻がクルーズに出ているので、そのバースで良ければ、5日程はと繋留許可。 本土側はバースは本当にタイトです。
画像の説明




ハーバー内の水路は広く、操船し易いマリーナでした。
画像の説明




事務所でセールの修理屋を尋ね、連絡すると、直ぐに来て、夕方には修理を終わり持参。 小さい縫い目のほつれ程度だが、気になることが早く終わり、観光に熱中できます。
この2人、アンティベから電車でニースへ。 これからネコの大好きな故人画家・ルノワールのアトリエへ向かうところ。
画像の説明




フランス国鉄の駅は流石に綺麗です。
画像の説明




ニースの海岸通りです。
画像の説明




故ルノワール氏のアトリエ跡は、この様な背景の場所にありました。
画像の説明




此処はマチスのデザインによる、ロザリオ教会の入口。
画像の説明




今でも、故人が住んでる感じの、 ルノワール氏のアトリエ跡です。
画像の説明




屋敷下側、道路脇の看板です。
画像の説明




館裏庭です。 一段低いところに、素晴らしい庭園があります。
画像の説明




彫像の前で。
画像の説明




下庭にある彫像。  かってのルノワール氏の画像をモデルにした彫像だそうです。
画像の説明




こんな観光に付き合うと疲れます。
画像の説明




次の日は、2人で電車、バスに乗り継ぎ、香水工場へ出掛けたようです。
画像の説明




スケと途中で落ち合い、モナコ、モンテカルロへ着きました。
ホームは狭く、小さい駅で意外な感じを受けます。
画像の説明




次2面:
モナコのハーバーの夜景です。
適当に、カジノで楽しみ、夜半過ぎタカマミへ帰りました。
画像の説明


画像の説明
フランスの友人が待つ、西へ向かってセーリングです。





a:1804 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional