海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

バルセロナ へセーリング Costa Dorada

バルセロナ へセーリング Costa Dorada

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • バルセロナ -
  • バンドール - 明るい、適当な賑わいの所
  • Porquerolles 島 - 本土から近く、シーズン中は賑わいます



土地の友人に、色々案内して貰うと、観光案内の記事などに見られない事が多く、興味が尽きません。 加えて会食、格別な繋留の手配で不自由なく過ごせました。


フランスを発ち、スペイン・イベリア半島へ直行です。 半島へ着いてから、気象状況で早く寄港。 良ければバルセロナまでを予定で、フランスの友にお別れです。
天気は良く、早々朝出発。 後ろにフランスが遠ざかり、朝日が水平線上に。
画像の説明


風は強くないが、段々と雲がたれ込め、時々、小雨交じりの天気の中をセーリング。 但し不規則な波、一方向からでなく、混じり合った感じの波は、嫌な揺れを起こします。
夕方、トローリングに2匹のマグロが殆ど同時に食いつき、取り込むのに一騒動。 魚の始末が終わった頃は、暗くなってました。 天の贈り物、マグロづくしの夕食。 有り難いです。


次の日も引き続き、曇天、時々小雨模様。 やがてイベリア半島に取っ付きました。
画像の説明




居残りの若いクルー頑張ってます。  バレンシアから帰国の予定です。
画像の説明




船体の色と、虹の色が解け合ってました。
画像の説明




海面の状況と天候に注意しながら、バルセロナへ着きました。
スペイン最大の港にしては、防波堤入口が寂しい?
画像の説明




入口から一番奥のマリーナまで、約7KM もあり、港内の速度制限もあり1時間弱掛かります。 ほんと長~い防波堤。
画像の説明




最初の陸側はこの様な光景。
画像の説明




商業港側は意外と空いてました。
画像の説明




広々した商業港側。 次の区画へはいると、ヨットハーバーです。
画像の説明




現在は防波堤の根っ子に近い所を開け、直接この区域へ入れるよう改造されてます。
一方のマリーナは満杯。 他のマリーナに歓待される。 マグロ一匹はマリーナへ、処分できたとネコは大喜び。 ほんと小人数では冷凍施設の貧弱なヨットでは、マグロ1匹は持てあまします。
画像の説明




一日以上、海上でふらふらすると、陸地に親しみが出ます。 早速探索です。
画像の説明




岸壁近くに建つ塔。 何処からも良く見えました。
画像の説明




左側水路から入港して、右側マリーナへ通過した区域。
向こうに丘が見えます。 陸の上からの見晴らしは素晴らしい。
画像の説明




次3面:
建築家、ガウディ氏の設計の未完成、建築中の教会。
画像の説明


画像の説明


画像の説明




次2面:
丘の上の展望台から港を眺めました。
画像の説明


画像の説明




次3面:
お祭り騒ぎに出会いました。
画像の説明


画像の説明


画像の説明




港付近は、とても静かでした。
画像の説明


Costa Drada >> Costa del Azahar >> Costa Blanca >> Costa del Sol >> ジブラルタル へとセーリングです。



a:1335 t:4 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional