海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

イカリア島:Kirykos、キリコス港

イカリア島:Kirykos、キリコス港

  • サモス島 -
  • イカリア島 -
  • クシャダシ -



イドラ島での親切な人のドライブ、水補給、食料品の補給、特に柑橘類、スイカは観光後の喉の渇きには最高でした。天気は上々、ミコノス港で1夜を過ごし、デロス島へ。一般観光客が着く前、暑くなる前に、ゆっくりと探索。

デロス島付近の島々、岸辺の遺跡などを見ながら、ミコノス島の南海岸へ。 錨泊後、翌早朝、針路を東へ。約80km離れた、イカリア島の南海岸、キリコス港へ。


ミコノス島南海岸へ向かう途中出会った漁船兼運搬船。
画像の説明




続く観光、セーリングでお疲れ? 太陽の下でお休み。
画像の説明




ミコノス島南海岸で錨泊です。 次の地での観光予定を練るクルー?
画像の説明




早朝は凪のことが多く、エンジンで航行ですが、飛沫を浴びながらよりも爽快です。大海ではこうはいきません。ヨットの主エンジンはセールです。
東へ向かっているので、朝日が正面から。
画像の説明




イカリヤ島の西の岬が視野に入ってきました。
画像の説明




3人娘も、交代で舵輪を操ってます。
画像の説明




西端のパパス岬の灯台。
画像の説明




イカリア島の景色です。
画像の説明




島々では水は貴重です。 この島では別に、温泉が湧くので、所々に野外温泉場がありました。
画像の説明




同じ所の石でも、妙な凹凸がある岩もあるんですね。
デロス島では、ナメクジが這い回る石が、小型でしたが、この様でした。
画像の説明




聞きませんでしたが、やはり水を蓄える連続した水槽のようでした。
画像の説明




山羊ではなく、ロバの放し飼い。
画像の説明




方々で見られる風景。 ギリシャ正教の教会は俗世離れしています。
画像の説明




キリコス港、波止場の先端の塔(ギリシャ神話・イカロスの象徴?)は特徴があります。
画像の説明




波止場全長と広がる家並み。 エーゲ海にしては樹木が多いようですが。
画像の説明




港内の様子。 後に、この近辺を取り囲むように、防波堤が出来てます。 小型船用で、ヨットも利用できようになりました。より安心して停泊できるでしょう。
画像の説明




帰ってきた漁船。時々僻地への運搬船にも。 後進で着岸中です。
画像の説明




波止場の根っこへ係留中のタカマミと先ほどの漁船。
画像の説明




波止場内の様子です。 先端の塔が目立ちます。
画像の説明




次2面:
漁船の様子。 延縄漁のようでした。
画像の説明


画像の説明




次2面:
波止場先端の特徴ある塔とその先端
ギリシャ神話、空飛ぶイカロスが、墜落したとされる場所の象徴?
画像の説明


画像の説明




甲板上に人が溢れてました。 シーズンになると、どの島も賑やかです。
着岸はやはり、地中海方式。 変わりありません。
画像の説明




港内の東側はこの様に広々。 客船が着くので大勢の人が来てます。
画像の説明




少し歩いた岩場にある、温泉場。 無人でした。
画像の説明



a:2835 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional