海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

オイノッスサ島、キオス島、イカリア島北海岸へ

オイノッスサ島、キオス島、イカリア島北海岸・エブディロス

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • プレスボス島・ロマリオン -
  • オイノッスサ島 -
  • ヒオス島 -
  • イカリア島北海岸・エブディロス -



お断り:トルコを出て以来、一眼レフ・カメラの失敗でこのカメラで写した写真が没になり、ナクソス迄の写真は、ネコ専用のハーフサイズ・カメラの写真だけです。


トルコ西岸では、雨が9ヶ月も降らず水不足。不足気味の水を、昨夜十分補給。有り難いです。水の大事さが改めて判ります。ギリシャの島々では、手に入りにくい、果物、野菜が手に入り、ネコは安心顔。昨日までの走る、遊ぶで疲れ気味のクルー連中を起こさず、未だ明け切らぬ早朝、2人で静かにレスボス島を南へ向け出港です。

南へ50km程の距離、オイノッスサ島へです。
弱い西よりの風を受け、セイルをセットして落ち着いた時、朝日が昇りました。
画像の説明




この小さな島、オイノッスサ島へどうして?
この島には、一時代海運王国と言われた、ギリシャ商船の乗組員を育てる、商船学校があるからです。更に高級な別荘の島として。
東の水道を抜け、島の南側へ、やがて東へ面した湾の入り口へ差し掛かります。
画像の説明




右に突き出た、灯台のある小さい半島の先端を過ぎると港内へ。
画像の説明




その時、左手の小島の上に寺院。 海辺にこの様な人魚。
画像の説明




その像はこの様です、左手には帆船の模型を持ってます。豊かな????。
画像の説明
残念ですが、この近辺の多くを撮影した、フイルムの失敗でこれまでです。




通常ウインチを使う、作業をクルー3人で。 若くてエネルギーを持てあましてる?
画像の説明




僻地へ、物資を運ぶ船が直ぐ近くを、追い越して行きました。よく見かけます。
画像の説明




後甲板ではクルーがノンビリと。
画像の説明


この後、キオス港へ入港、繋留したのですが、嫌な臭いが立ち込め、周囲も落ち着かない。 ネコの買い物が終わり次第、おさらばで、島の南端の錨地へ移動です。




漁船の多くが、夜間の操業に備え、錨泊です。
季節的な風、メルテミが吹いてますが、此処は半島の影、良い錨地です。
画像の説明




エンボリオン湾。民家は少なく、一軒のタベルナがあるだけ。
周囲は岩山で、緑は少ない。
画像の説明




夕方暮れる頃、多くいた漁船も漁へ出港。
タカマミも早朝出港。 昨日からの複雑な波が残っていて、スケ以外は皆グロッキー。
朝の掃除です。
画像の説明




やがて朝日が。 左はトルコ領の山並み。
画像の説明




イカリア島の北岸、エブディロス港へ係留後早速探索です。
ヨットはタカマミだけ、見えてます。
ご覧のように、スケは一眼レフカメラを持ち、写してるのですが、後、撮影後フイルムを駄目にして仕舞いました。この時は気付かず。二度と行かない地方の映像を無駄にした悔しさは大変なもの!
画像の説明




次5面:
傾斜地に建てられた家並みです。雰囲気をどうぞ。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




途中御夫妻から声を掛けられ、お邪魔です。
自家で収穫の、桃、チェリーは美味しい。 葡萄は収穫まで1ヶ月とか。
画像の説明




片言でどうにか、会話を。 貴重な一刻です。
画像の説明




次の2面:
御夫妻が見せてくれた物、何をしてると思います?
画像の説明


石鹸を作っているのです。
特殊な油、カセイソーダ、???
頂いて帰り、暫く使いました。 香り良し、肌触り良し。消費した後今も、ネコは懐かしがってます。
画像の説明




少ない店の一軒で。
画像の説明




次2面:
別れる時、夫婦から頂いた花です。 忘れえぬ思い出です。
画像の説明


画像の説明





a:2371 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional