海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

サモス島:ピタゴリオン(ピサゴリオ)港

サモス島:ピタゴリオン(ピサゴリオ)港

  • サモス島 -
  • イカリア島 -
  • クシャダシ -

聳える高い山、ギリシャの島で一番トルコに近いサモス島。一番近い所で約1km。 トルコのクシャダシから客船も出入りしてる島で、ギリシャとトルコ両国からの観光客で賑わう島です。

イカリヤ島と同じく、山間の低地では比較的農地が多い島。珍しくこの島の松の木は貴重だったと聞きます。散歩していても、ミコノス島などに比べ、草木が多かった感じです。

サモス島への航海、相変わらずの微風、穏やかで時間にも余裕があり、クルーへのデモストレーションを兼ね、クルージング・シュートでセイリング。ディンギーを下ろして、タカマミのクルージング姿の撮影。



イカリア島を去ると、東にサモス島が見えてきました。山の形からも相当高そうです。
画像の説明




サモス島へ近づき、微風用のセールを展開、速度は2~3ノット(人間少し早く歩く速さ)で海面の状態は悪くはない。
ディンギーを降ろし、エンジンを使い、セーリング中のタカマミの撮影です。 この様なことは初めてです。
希望で、3人のクルーも一緒。ネコが一人で繰船中です。
画像の説明




向こうはサモス島。
画像の説明




後ろの島は、今朝出たイカリア島。
画像の説明




陸地の近くで、この軽いセールを使うのは初めて。
ネコ1人で操船です。スケとクルーはディンギーで撮影。
画像の説明




サモス島、ピタゴリオンの街並みと防波堤が視界に。
画像の説明




右から出ている波止場がピタゴラスに因んだものです。
画像の説明




一番賑やかな場所は、混み合っています。
ご覧のように、トルコからのチャーターヨットも見えます。
画像の説明




少し外れた場所は、ノンビリして良いものです。
繋留の作業も安全で易しい。
画像の説明




この港のシンボル。 この波止場は先細の形です。
画像の説明




次4面
市街の様子をどうぞ。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




散歩中に立ち寄った遺跡。 由緒のほどは判りません。
ギリシャ、トルコを巡っていますと、特に地方の地域で、相当な遺跡が見られ、知られてない所があります。
女神ヘラと関係がある所は、離れたところです。
画像の説明




次からの画面
サモス島、イカリヤ島で感じたことは、段々と草花が多くなって、目に触れることが多くなりました。
日本で我々の目に触れる花木も。
画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明




画像の説明&




画像の説明




画像の説明



a:3190 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional