海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

メソロンギオン

メソロンギオン Messolongi

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • メソロンギオン - ギリシャ独立革命のノロシとなった地。
  • ギャラキシティー - 古代ギリシャの最高の神殿、デルファイへ観光に出掛けるのに便利です。此処の巫女の占いは古代から定評があります。
  • イタケー島 - ギリシャ軍の知将・オデッセイの故郷。
  • レフカス島 - 小泉八雲・ラフカディオハーンの住居跡があります。



3週間余の休養で、腰痛も全快。 セーリングの再開です。
コリントス湾を西へ向かい、本土とペロポネソス半島に挟まれた海峡を西へ抜けると、パトラス(パトラ)湾です。
パトラス港は、西へ向かう主要基地。忙しい都市の港は通過です。

実は興味ある所を見付け、寄り道を計画していたので、そちらが優先です。
メソロンギオン
ギリシャ独立戦争ののろし。 集団自殺。 
詩人、バイロン氏が亡くなった地。
5km程の運河状水路の奥にある。


周囲が低い土地、目標物が少ない所では、細心の注意です。 此処から水路が始まります。
ブイは時には人為、或る時は悪天候により移動することがあります。100パーセント信用できません。 GPS,あっても使えないときもあり、使い方を誤る事も、100パーセント信用は出来ない。地上の不動の目標物で確認が出来るまでは細心の注意です。
画像の説明




運河の入口へ差し掛かりました。潮の流れに注意して水路を外さないよう、航行です。
画像の説明




次7面:
此処はギリシャの中で、アジア風、水上生活を感じさせる所です。
以前は漁師の生活の場が、段々と趣味の人にも。
画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明




この様な風車小屋?何に使用されるの? 聞けませんでした。
画像の説明




Byron 氏の詩の碑です。 氏は当地で亡くなりました。 他には何も遺品は無いそうです。
画像の説明




他には、小さい博物館に、独立戦争の少ない遺品の展示があるだけ。 この地の歴史を知ると、夕日も感じが違います。
画像の説明




西側は、浅瀬、湿地帯が広がり、水鳥の楽園です。
画像の説明




病み上がりの、スキッパーに、自然は親切。無風、穏やかな海面です。
画像の説明




短い時間で交代で操船。
興味ある、ホメロスの詩、主人公の故郷へ向かいます。
画像の説明





a:2102 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional