海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

モネンバシア、観光

モネンバシア・観光

1980年代の頃は、住民も少なく、店はほとんど無く、荒廃した崩れ落ちそうな家が目に付きました。城壁の内の住宅へ済んでいる人、商業活動をする人は少なかったが、近年の観光ブームに影響を受け、観光客が増えるに従って、廃墟も段々と整備され、ホテルも開業されてます。

幹線道路からの道も2本整備されドライブが楽になり、又水中翼船の定期船が、ピレウス(アテネ)、サントリーニ、Ieraka(半島北へ約20km)との間を運行して、アクセスが楽になってます。

住宅様式そのものは、中世の都市に見られるものですが、周囲を取り巻く環境、地形に特色があります。
侵略、侵略される歴史の繰り返しの、環境の下では、如何に平穏に自分達を守る必要があり、又求めたかを伺い見ることが出来ました。


注:右上を航空写真へ切り替えると実感が出ます。


本土からの土手(コースウエイ)から東へ向かい、写したモネンバシアの全体像。
手前赤い屋根の家に、入港手続きなど、各種事務所が使ってます。
画像の説明




怪物を連想させました。右下海岸沿いに道があり、城壁の門へ通じてます。
画像の説明




城壁の門へ通じる道路。 これ1本だけです。
画像の説明




最近はブームで、この道路の片側は、駐車で埋まるようです。
画像の説明




ここが、唯一の出入り口、門です。
画像の説明




殆ど無人ですが?
画像の説明




崩れている所、崩れそうで、歩けない所も多く。
画像の説明




教会も無人の廃墟でした。現在は?
画像の説明




一段高い、地層の上に、建築物の廃墟。 行けません!
画像の説明




教会前の広場。注! 塔の頂上の上左横、微かに上へ登る通路。ここが唯一の上への通路。画面右上台地上に微かに、廃墟。
画像の説明




略上の撮影の位置から、アップで撮りました。
通路の高台部分に、強固な建造物。此処が2重の守りの要所です。
上には登ることは出来ませんでした。
画像の説明




整備されてきている所も。
画像の説明




無人の所が殆どでした。
この人達、現地の人とは違います!興味の尽きない2人です。
画像の説明




現地の住人を見掛けませんでした。
画像の説明




喉を潤す所は1軒。 此処の蜂蜜入りヨーグルトは美味しかった。とカネ。
画像の説明




1軒の小物を売ってる店も。 分かり難い所に。
此の写真を写した所、怖々とした通路でした。
画像の説明




帰る途中、磯へ降り、みちぐさです! 海草、つぶ貝などが見付かりました。
画像の説明




本土へ行く、土手の上から繋留突堤を撮る。
一番外寄りが、タカマミです。
画像の説明

モネンバシアを海上からどうぞ・こちら

a:4194 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional