海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

レスボス島、ギリシャへ入国

レスボス島、ギリシャへ入国

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • アイブァリク -
  • ミティリニ -
  • スカラ -
  • プロマリオン -

1月余りのトルコでのセーリングを楽しんだ後、レスボス島のミリニ港でギリシャへ入国です。
エーゲ海3番目に大きいレスボス島。山岳地帯も多いが、平野部では、エーゲ海一番の肥沃で生り物、果物が大型で美味しく、多くの植物が生産され、樹木の種類も多く、エーゲ海では唯一の自給自足が出来る島で知られてます。
レズビアンの語源の発生地としても話題がある島。

島は大陸に近く、度々他所からの襲撃を受け、住民は山岳地帯へ逃げ、収まると海岸地域へ移動、その様な繰り返しの歴史。城壁跡にもその名残が見られ、崩された築城の材料が、再び使われるなど、痕跡が見られます。

島の南東部、限られた地域だけですが、覗いてみました。


トルコ出港後も天気に恵まれて、順調なセーリングです。
ミティリニ港を庇うように出ている半島の城壁が見えてきました。
画像の説明




右手に見ながら、回り込みます。
画像の説明




北側波止場の根っこ、此方からは、障害物無く、接近です。
画像の説明




右手から出ている波止場の先端。 判りやすく、初入港の者には有り難いです。
画像の説明




右側の波止場を迂回して中へはいると、左側の短い突堤が。
画像の説明




突き当たり、の岸壁へ繋留です。広々として快適です。
画像の説明




港湾事務所も近く手続きも、スムースに終了。CIQが近いと楽です。
画像の説明




一番びっくり。 普通の家の玄関先に、踏み段に遺跡からと思われる、この様な物が。 所々で見掛けます。
画像の説明




遠くない所に、遺跡跡。 早速探索です。 発掘整理中でした。
画像の説明




実に大きな規模の城壁です。
画像の説明




その城壁も、ご覧の通り、色々の種類の石を使用。破壊され、築かれの繰り返しの足跡です。
画像の説明




長い歴史の中で、栄えた港の証が海面に見えます。
以前築かれた防波堤が、右下から沖へ伸び、今では殆ど水面下へ。
画像の説明




物々しく荒い城壁の跡です。
画像の説明




雄大な規模の城塞跡でした。
画像の説明




街へ降り、或る通りの様子です。 日中は歩行者は少ない。
画像の説明




商店街の入り口ですが、人の姿が見えないほど。活気が無いのは意外でした。 観光は、蚊帳の外でしょうか。
画像の説明




翌日、沿岸を南下、湾の入り口を少し中へ。
珍しや!オランダの運河で見掛けるセールのヨット。オランダからのヨットでした。
画像の説明




湾への水道、入り口近くの道標。
画像の説明




水道を入って行きます。この後抜けてくる、谷間風が意外と強い逆風でした。
画像の説明




次2面:
着いた小さい湾。小さい村。 1人の手招きで小さい岸壁へ繋留。
見えてる、これらの木、オリーブの木です。こんなに大きくなるんですね。驚きました。
画像の説明


画像の説明




人が寄り集まってる。間もなくバス。 ミリニ迄は意外と近い。
辺鄙な田舎だと思っていたので、以外でした。
画像の説明




幼稚園もある。
画像の説明




立派な教会も。 恐れ入りました。
画像の説明




ギリシャの島で牛を見たのは此処が初めて。島の植物が比較的多い恩恵が出てます。
画像の説明




ヨットはこの近くです。
画像の説明




家の近くには、意外と緑が多く、果樹も見掛けます。
画像の説明




唯山の方はこの様に、樹木は少ないです。
画像の説明




次2面:
翌日湾を出て、静かな無人の小さな湾内で、泳ぎ、船遊び。
水に染まるようでした。
レスボス島南海岸、Mersinia 湾で遊ぶ。
画像の説明


画像の説明




次2面:
今日のお泊まりのプロマリオンです。
静かな街並みで、適当な買い物、散歩で過ごしました。
水の補給の時、ホースが短すぎて、バケツりれーで。見かねた海軍さん、長~いホースを貸してくれる。
画像の説明


画像の説明
十分な休息の後、南へ向かいました。興味有る小さな島へ寄港の予定です。





a:8235 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional