海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

Crotone, Roccella Lonica, Reggio di Calabria

Crotone, Roccella Lonica, Reggio di Calabria

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • イタリー・サンタマリア ディ レウカ -
  • Crotone -
  • Roccella Lonica -
  • Reggio di Calabria -
  • シシリー島 -



長靴のカカトの部分、サンタマリア ディ レウカ、着いた港は繋留に、戸惑う感じの港。 各国の国民性が繋留の方法、操船の荒さ、繋留時など、癖に現れます。 普通、弱気、強引な割り込み。 他国へ出てからも、操船など国民性が現れます。 海域に比べヨット人口の多い地中海北岸海域では、マリーナなどの施設は多いですが、繋留場所の値段は高く、スペースはタイト、心に残るような錨地は少ない。 楽しくセーリングを楽しむ事は、縁遠い海域だと感じます。


イタリー半島、長靴の土踏まずの部分に当たる、北へ入り込んだ湾を横切ります。 更に海岸沿いを西へ、途中建設を始めたばかりのマリーナでお休み。 更にメッシナ海峡(シシリー島と本土との間)へと向かいます。


途中、何の目的か判らないヤグラ。 水深からするととても掘削出来ない所のようですが。 技術は進歩するから、判りません。 日本と同様、資源の少ないお国ですから。
画像の説明




この付近の海域では、吹かない方向からの風ですが、順調です。
途中、潮目と数隻の漁船に出会い、対象漁は? 不審に思う。
前方にうっすらと、右から伸びる地影が。
画像の説明




クロトーネへ近づきました。手前は商業港、背合わせの小さい港へ入ります。
画像の説明




観光地とは縁のない港では、繋留が楽です。 散歩は良い気晴らしです。
岸壁上で、小型のマグロを料理している人達がいましたので、何処で取れるのか、尋ねました。 途中漁船に出会った付近の海域だそうでした。 残念でした。
画像の説明




2日天気待ちの後南西へ向け出発です。C, O .Colonne を通過。土地柄はご覧の通りです。
画像の説明




左後ろから、朝日が昇り、1隻の中型漁船が。
画像の説明




防波堤かと間違いかねない、岬もあります。
画像の説明




Punta Stilo の灯台。 内陸部に小高い所に家並みが望見されます。
画像の説明




防波堤が完成したばかりの湾の中へ。現在マリーナ建設が、急ピッチで作業中でした。Roccella Lonica 街を近くに。 付近にマリーナがないので、クルージングのプランには、随分便利になります。
画像の説明




周囲は人家が少なく、計画的なマリーナに出来上がり。 すでに先客のヨットが複数錨泊です。沿岸では比較的揺れるので、静かになると、疲れが癒されます。
早朝からのセーリング、カネも一息です。
画像の説明




イタリー半島、つま先部分を廻り、メッシナ海峡へ入ります。
沿岸をクルージングしますと、朝夕凪が大きく影響してきます。朝静かな中に出発です。
画像の説明




以下、今日1日の、つま先部分の土地柄を、ご覧下さい。
沿岸の平地はよく利用されています。
画像の説明




Capo Spartivento の沖合を通過中。
画像の説明




土地柄を見ると、耕作地が少ない土地のようです。
画像の説明




山肌が出て、農地、牧畜にも向かない土地柄の地方ですか?
画像の説明




昼頃の出会い。何かお判り? 海上で船が木の陰へ隠れん坊?木の葉で装飾? 何処かへ移植で運んでるのでは? 
何のためか判りませんでした。
画像の説明




昼頃になると、やはり風が出て、白波が見え始めました。
この陸岸の、崖の補修? 何か他に目的が? どうかは判りません。
画像の説明




右には。低い土地に建物群。 間もなくメッシナ海峡へ入ります。
画像の説明




海峡に入り、ご覧の通り、海岸沿いは静か。 
浜辺は戯れる人、愉しむ人達で賑わいます。
画像の説明




商業港の中の北側にある、繋留場所へ無事着岸。 気晴らしに街で探索するスケ。
画像の説明





a:850 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional