海の玄関から今日は!  ヨット・タカマミで一緒に海外クルージングの世界へ。

ギャラキディー galaxidhi

ギャラキディー(ギャラキシティー) galaxidhi

古代ギリシャ遺跡、デルファイへ行くのに、最高の寄港地。

地図左目盛りで伸縮。 右上、地図 > 写真又は両方へ。 グリップ > 地図の移動。

  • コリントス運河 - 距離に対して通過費の単価が世界一高い事で有名。両岸が崩れ襲いかかる恐怖感も出ます。
  • ギャラキシティー - 古代ギリシャの最高の神殿、デルファイへ観光に出掛けるのに便利です。此処の巫女の占いは古代から定評があります。
  • メソロンギオン - ギリシャ独立革命のノロシとなった地。
  • イタケー島 - ギリシャ軍の知将・オデッセイの故郷。*お隣の島、レフカス島には、小泉八雲・ラフカディオハーンの住居跡がありました。



コリントス運河を北へ、コリントス湾の気象、特にセーリングに大事な風向き、強さが不安定になり、注意が必要でした。風波は起きるが、大きなウネリはなく、飛沫を浴びる程度のセーリング。

ギャラキディー (galaxidhi)は殆ど知られていない街ですが、小さな岬を回り込むような、港の位置。 観光船などの寄港地とは無縁で、穏やかな街、ギリシャ人には人気の街。
古代遺跡、デルファイへはバスが便利で、ヨットの寄港地として絶好の繋留場所です。


コリントスから当地までは、北からの風、セーリングには良い風で目的地近くまで、順調でした。
画像の説明




港をカバーするように、松林の岬が。 この岬を大きく、左へ回り込むと、繋留岸壁です。 向こうに繋留場所が見えてきました。
画像の説明




此の写真は、後日対岸から撮ったものですが、回り込むとこの画面の、右端が正面に見えてきます。
画像の説明




対岸少し内側から見た風景。 海岸道路から、緩い傾斜の街並が綺麗でした。
画像の説明




高い山並みは遠く、街は小高い丘を覆うように発達、教会の塔が一際目立つ街。
繋留場所の一角にこの様な出島。 憩いの場所です。
画像の説明




ギリシャ独特の造船で、見惚れました。
画像の説明




対岸中程から、一番奥の光景。奥は浅くなり、小型船だけ。
画像の説明




中程の光景。 ご覧の通り、大型船は着岸は無理。 落ち着いた、静かな雰囲気です。
画像の説明




岸壁を先へ暫く歩くとこの様なところが。
画像の説明




港、一番奥の岸壁。 広く余裕がありました。
画像の説明




先程の広場、奥側に建つ像。
画像の説明




向かいの半島。入港時左に見た半島端からの光景。
画像の説明




入港時、左に見た半島端付近からの光景。
画像の説明




半島の内側は、湾に面して絶好の、松林の散歩道。 対岸はヨットの繋留岸壁。
画像の説明




ギリシャは何処へ行っても、見事な正教会が。
画像の説明




ヨット繋留側の道路は、夕方から散歩する人が多い。
画像の説明




長い間の、ヨット生活にも、色々の出来事があります。特に健康上に。
スケが持病の腰痛が再発、到着後デルファイへの参詣も効無く、3週間余のお休み。 知り合いの、ハワイからの友人夫妻のヨット・アロハ が、偶然に隣へ接岸。 見舞いを受けました。
この時貸して頂いた本が、実に役立ち、 現在も腰痛予防の運動は、この本から教わりました。
この様な安全な所では、安心して休めます。ラッキーでした。クルーは色々退屈した様子ですが。
画像の説明




やがて、ハワイからのヨット・アロハ は去って行きました。後日再会しましたが。
画像の説明


希望者がありましたら、デルファイ遺跡関連の写真を掲載します。





a:1866 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional